【受講してみた】スタディング  行政書士&司法書士講座(合格しました!令和二年度行政書士試験)/STUDYing

※目次のリンクでうまく該当箇所に飛ばない場合があるようです。
その場合、2回目以降はうまく飛べるようです。
記事をお読みいただける方は、是非目次を再押下してみてくださいませ。
不具合でご不便をおかけし大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。



1,隙間時間のみの勉強で行政書士と司法書士の資格を取得したい


行政書士や司法書士の資格を取りたいけど、
普段の生活の隙間の時間を使いながら、
しかも、安く講座を受けることはできないものか。

トップへ戻る




2,【受講してみた】スタディング  行政書士&司法書士講座/STUDYing



そうした時に出会ったのがこのスタディング!!

無料体験の登録を行なうと、本登録後に見れるのと同じマイページが確認できる。
=>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ!

マイページには、学習フローというリンクがある。
そのリンクを開くと、順番に講義や、問題演習が並んでいる。

とにかく何も考えずにひたすら、
次に進んでいけば良いだけ。
学習フローの画面の一部は下の画像の通り。

動画がかなり細かく細分化されていて、なおかつ、3倍速まで速さを変更することができる。
さくっとやりたいわたしにとってとても良かった。
実際、3倍速だと速すぎて聞き取れなかったのでわたしはいつも、2.5倍速で講義を受けていた。

契約をする前に、無料で講座を試せば、契約した後に先生が合わない!なんてことにもならずに済む。
また、動画の倍速の聞き取りやすさや、スタディングの諸々の使い方や機能を一通り体験することができる。

公式サイトから、無料で体験授業を受けることができる。
=>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ

トップへ戻る



3,契約金額


気になる金額だが、
わたしが契約をした行政書士のコースは、
59,800円(税抜)だった!!

司法書士のコースは
92,000円(税抜)だった!!


利子なしのクレジット分割払いにも対応してくれている。
(クレカ会社によって分割可能回数は変わってくる。)



4,行政書士以外にも選べる豊富な資格


2020年9月8日時点の資格講座一覧(公式サイト)は以下の画像の通り。
行政書士意外にも多数のビジネス資格の講座が用意されている。
どの講座に関しても、無料体験をすることができるし、契約金額等も記載されているので、ぜひ覗いてみて欲しい。

わたしの場合は、行政書士と同時に司法書士のWライセンスの取得を目指しているため、
司法書士講座の契約も行い、行政書士講座と一緒に受講している。

=>「スタディング」のコース一覧やキャンペーン情報、無料お試しはコチラ

トップへ戻る



5,複数講座を同時に受講した場合のマイページ


スタディングは複数の講座を契約すると、一つのマイページで管理することができる。
「行政書士」と「司法書士」のWライセンスを目指して、2講座を同時に受講しているわたしのマイページがこちら。
このように、複数契約した場合も、一つのマイページで管理ができるのでとても便利だ。

=>「スタディング」公式サイト


トップへ戻る




6,特典


資格試験に合格できたら、各講座ごとにお祝い金が準備されている場合があるので、
自分の受けたい資格の講座にお祝金があるかどうかも是非チェックしていただきたい。
行政書士や司法書士講座の場合は、試験に合格すれば現金1万円がもらえる。
FP2級ならAmazonギフト5,000円、宅建ならAmazonギフト3,000円等、
お祝い金の金額や、現金か否かが講座によって変わってくるので、気になる方は
自分の受けたい資格の講座のお祝い金について記載されている部分を確認してみてほしい。
(2020年9月8日時点)

お祝い金については、受けたい資格トップページを表示して、結構下の方までスクロールしていくと、
途中でお祝い金についてとか、お祝いギフトについて、という様な記載のあるバナーが出てくる。
そこを確認すると詳細が分かると思うので、是非探して確認をしてみて欲しい。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る



7,注意点


注意点は、講座ごとに受講期限があることだ。
契約したら一生動画を見れるわけではなくて、
何月何日まで講義が受けれるという期限が決められている。
期限は、契約日に応じて変動するのではなく固定なのだ。

だから、11月末に終わる講座を、4月に契約しようが、8月に契約しようが、
講座の期限は変わらない。
自分が契約しようとしている講座は、一体何月までの期限での契約なのか…?
それをしっかり確認してから契約するのがおすすめだ。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る



8,試験に落ちてしまったら・・・?


受講期限内の資格試験に落ちてしまい、もう一年講義を延長したいという場合には、
同じ金額を払って再度契約するのではなく、契約を更新するための安価なコースが用意されている。
例えば2020年9月8日時点での行政書士講座の再チャレンジコース(公式サイト)は以下の画像の様に記載されている。
落ちてしまった場合に、初回の契約と同じ金額を払うわけではないので、安心をして欲しい。
年度や講座によっても詳細が変わってくるため、是非公式サイトの方でもチェックをしてみて欲しい。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る





9,感想


わたしはスタディングのおかげで、
普段は、サラリーマンをやりながら、通勤時間等の隙間時間に、
勉強をうまく進めることができている。

スマホだけで勉強が進む。ペンは持つ必要がない!
その手軽さが、とても嬉しい。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る



10,【21/2/24追記】1年半で合格!費用総額は94,893円だった!


2019年4月6日よりスタディングを受講して、
スタディング受講開始から半年後の2019年度試験には不合格だったが、
受講開始から1年半後の2020年度の試験で合格をすることができた。

使用した教材を全て書き出すと以下の通りだ。
・行政書士合格コース 基本+過去問+記述式セット[2019年度試験対応] 42,731円(公式HPのクーポン適用後の税込価格)
・【2020年度更新版】行政書士合格コース(更新版)15,800円
・行政書士 実践コース[2020年度合格目標]29,800円(税別)
更新版と行政書士実践コースの合計支払額 47,652円(公式HPのクーポン適用後の税込価格)
・(スタディングではありませんが…)LEC2020年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集 1,法令編 2,860円(税込)
・(スタディングではありませんが…)LEC2020年版 出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集 2,一般知識編 1,650円(税込)

上記を全て合計すると94,893円だった。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る



11,【21/2/24追記】合格祝金申請


スタディングの行政書士講座は、
試験に合格すると祝金10,000円を受け取ることができる。
注意しないといけないのは、合格発表後の直近の2月末までに申請しなくてはならないという期限があることだ。

本日は2021年2月24日なので、私もかなりギリギリだった。
早速申請に進みたいと思う。

手順は以下の通り

1,合格発表日にスタディングから届いているアンケートメールのリンク先にあるアンケートに回答する
2,スタディングより口座情報を当メールに返信してくださいという旨のメールが来るので、メールを返信する 3,3月末に口座にお祝い金が振り込まれる

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る



12,【21/2/25追記】総勉強時間


行政書士の勉強時間は600〜1,000時間と言われる。
私は勉強時間を測ってい記録を残していたが、最初の試験を受けた時点では、
600時間を確保することができず、2年目の受験の時には、約600時間に達していた。
インターネット検索で出てくる必要勉強時間というのは、かなり目安になるなと感じた。
別の資格に挑戦する際にも、必要勉強時間は最低でも確保できるように、勉強していきたいと考えている。

=>「スタディング」公式サイト

トップへ戻る


ブログランキングに参加しています。
下のマカロンで、
応援していただけたら嬉しいです!!




人気ブログランキング

トップへ戻る


※目次のリンクでうまく該当箇所に飛ばない場合があるようです。
2回目以降は該当箇所付近に飛べるようです。
記事をお読みいただける方は、以下のボタンよりトップに戻り、目次を再度押下してみてくださいませ。
不具合でご不便をおかけし大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※目次のリンクでうまく該当箇所に飛ばない場合があるようです。
2回目以降は該当箇所付近に飛べるようです。
記事をお読みいただける方は、以下のボタンよりトップに戻り、目次を再度押下してみてくださいませ。
不具合でご不便をおかけし大変恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る